食・主菜・副菜のそろった「日本型の献立」は組み合わせがひと目でチェックできて便利ですね。今回は、お料理の仲間わけに慣れてきた患者様のための、選び方の3つのポイントをお話します。

POINT1 同じ仲間を重ねない35-3.gif 
すでに お食事選びを 実行してくださっている 方には常識かも 知れません。
麺類 + ごはんもの 主食×主食の組み合わせだけでなく、お肉やお魚の皿が いくつも重なる 食べ方や、おかわり、大盛りの食べ方も この仲間に入ります。


POINT2 調理法を重ねない35-3.gif 
油のとりすぎ、お塩のとりすぎを避けるために、
重要なポイントです。
揚げ物 × 揚げ物 の組み合わせが要注意なのは35-3.gif
もちろん、油を使った料理を合わせないようにする、(炒め物や、マヨネーズのサラダより おひたしをあわせる、など)その日は揚げ物を避けるなど実行できると、より素晴らしいですね。

また、調理法だけでなく、塩けの強い食品(漬物・干物)も重ならないよう意識できると、減塩効果が期待できます。

干物 + 漬物盛り合わせ + 味噌汁 を組み合わせると、それだけで6g近い塩分!

35-3.gif
POINT3 主材料を重ねない
肉じゃが + ポテトサラダ 同じ材料の料理が重なると、それだけ食べる食品の種類が少なくなるので、違うものを組み合わせましょう。
いろいろな食品を食べましょうと言われますが、毎日 何十品目もの食材を用意するのは考えただけで大変な事です。
しかし、主菜を日によってローテーションすると、一週間、一ヶ月間単位でみると、食べられる食材の数がまったくかわってきますね。

一回の食品の数は少なくてもメニューの選び方、材料の買い方でいろいろな食品をとることができます

35-3.gifお仕事、長年の生活スタイル、ストレス・・・、日々の暮らしの中で、いろいろな要素がありますから、毎回完璧な組み合わせで食事をする事は本当に難しいことです。
しかし、お食事の改善は、毎回できることから少しずつ続けていただく事で、大きな効果が期待できます。
うまく行かなかったら次の食事で補う、反対に明日のために今日の食事を工夫する・・・、
少し気にかけていただくことで、習慣にできると良いですね。食事日記をつけていただくのもお勧めです。