適量を守って楽しんで飲むお酒は、良い効果もある、といわれますが、おつきあいが多くなる時期、お酒とのつきあいかたを見直しておきましょう。

1.お酒を飲むときの食事についておさらいしておきましょう35-3.gif
お酒を飲むと、食欲が出て、おいしく食べられるのは良いことですが、種類や量を考えないとエネルギーオーバーになってしまいます。また、おつまみを摂らず、飲むだけもいけません。
アルコールにはほとんど栄養素が含まれず、必要な栄養素をまかなえないからです。


35-2.gifたんぱく質が豊富なメニュー
・・・ 焼き鳥、さしみ、卵焼き、豆腐、チーズなど。

ビタミンやミネラルが豊富なメニュー
・・・ おひたし、サラダなど。

炭水化物が豊富なメニュー
・・・ おにぎり、麺料理、お寿司など。

普段の食事と同じように、主食、主菜、副菜がそろったメニューが理想。
お酒のぶん、エネルギーを控えめにするのが上手な食べ方のポイントです。



2.おつまみを上手に選んで、バランスよい食事にしましょう

35-2.gif・・・おつまみに多い、肉や魚、豆製品のおかず。
つい2品、3品と用意したくなりますが、片手に乗るくらい、を目安にするとよいでしょう。また、油ものはひかえめにしましょう。
   
35-2.gif・・・外で飲むとき、どうしても不足しやすいのが野菜料理。栄養バランスの面ではもちろん、サラダや野菜スティックなどを利用すると、おつまみの食べすぎ防止に役立ちます。
   
35-2.gif・・・お酒を飲む時、ご飯を抜く、という方は多いようです。
しかし、肉や魚のおかずの食べすぎになりやすいため、適量の炭水化物をとってアルコールをほどほどにするのが上手な方法です。


3.適度な飲酒量について知りましょう
35-3.gif「長年この量を飲んでいる」「周りはもっと飲んでいる」・・・今までの感覚を少し見直してみましょう。
健康日本21では、節度ある適度な飲酒は、アルコールにして1日20g程度とされています。(男性10~19g、女性9gがもっとも死亡率が少ないというデータから)
主治医から具体的な指示があった患者様はもちろん、そうでないかたも、さまざまなリスクを避けるために適量を守りましょう。
また、週に2日は休肝日を作りましょう。


【アルコール約20gの例】
35-2.gif
焼酎なら・・・
1/2合弱(70ml)
35-2.gif
ビールは・・・
1本 500ml
35-2.gif

ワインの場合・・・
グラス2杯 200ml
35-2.gif

日本酒なら・・・
1合弱 (160ml)

35-3.gif

お酒を飲む場合も、食べ方が大幅に乱れないようにすることが、お酒と上手につきあうコツと言えそうですね。
また、せっかく飲むなら気分よく、「楽しいお酒」にできるように飲みましょう!