生活習慣病を遠ざけるために、お食事の改善が必要と思っていても
何からはじめたらいいのか・・・そんな時は、メニューを少し切り替えてみましょう!


「バランスよく食べる」事は 簡単そうですが、お仕事の都合や おつきあい、 ストレス解消の手段など 食べ物が簡単に手に入る 現代だからこそ 難しい面もあります。
野菜たっぷりの手作りのお弁当がよいとわかっていても、 毎日 用意するのは大変です。 また、食べすぎ防止も、量を急にへらすのは つらいものです。

健康情報が浸透した現代、油が多いのはいけないと思っても・・・


でも、最初から満点を目指して「できない」と思わずにまずは組み合わせを 少しかえてみましょう!
現代の食事、特に外食で問題になりやすいのは、
☆ 油(またはご飯の仲間)が多い
☆ 野菜が少ない

の2つですから、これを切り替えれば、かなり違います。

さらに、砂糖・塩の取りすぎに気をつけられれば ほぼ完ぺきです。

・からあげのかわりに野菜料理を注文。
・油が多い料理は一品にして野菜料理に変更。


「食事改善したい」「でも好きなものは食べたい」と思うと、 どうしても「必要なものを増やそう」となります。
しかし「よい」と言われるものも、プラスするばかりでは、
☆ 同じものが続くと 飽きてしまう
☆ 必要以上にたべすぎてしまう  
ことがあります。

足りないものを補うときこそ、食べ過ぎていると思うものと 切り替えてみましょう 

食事療法で重要なことは、誰もが同じように最初から100点を めざすのではなく、何かひとつでも よくなるように「変わる」ための 一歩を 踏み出す気持ちを持っていただくことです。
楽しみながらトライできるよう、アイディアをだしてみましょう!
ぜひ 栄養相談室にもご相談ください