どうしても食べたい!時の冷・た・い・お・や・つ

夏においしい アイスクリームやジュースなどの「冷たいお菓子」との上手なつきあいかたを考えてみましょう


食欲がないときも口にしやすい冷たいお菓子。冷えていると甘さを感じにくいため、驚くほど砂糖が入っているものも多いのです。
甘いもののとりすぎは、カロリーオーバーになるだけでなく、より疲れやすくなる食事がおろそかになるなどの心配もあります。
体調がすぐれず、どうしても食欲がないとき以外は、たよりすぎない方がよいでしょう。


■アイスクリーム 約250kcal
砂糖 25~45g





■コーラ・ジュース 200cc
コップ1杯 100kcal
砂糖 約20g
砂糖 25~45g





■アイスキャンディ 約100kcal
砂糖 10~15g


アイスクリームや、甘い飲み物が 習慣になってしまっている場合、季節の果物や野菜を利用してみるのも一案です。
甘い味ばかりでなく、よく冷やした新鮮なキュウリやトマトも夏に不足しやすい栄養素の補給にぴったりです。
お子様や お孫さんの、夏休みの食育としても最適ですね。

おやつは「心の栄養」
からだに負担をかけないように適量を楽しむようにしましょう


話題の「ヘルシー」「カロリー半分」のお菓子やドリンクとのつきあいかたは・・・?
最近は、便利で魅力的な商品が多数発売され、食事療法中の息抜きとして役立ってくれます。
ただし、よいことだけをアピールしている商品もありますから、しっかりと表示を見てご自身にあったものを利用しましょう。

【表示の見かたのポイント】
カロリー半分・・・もともと高カロリーのおやつは、たとえ「カロリー半分」でも1個100kcal以上のものも。
カロリーゼロ・・・100gあたり5kcal未満なら「ゼロ」と表示できます。
      また、とりすぎて甘みに慣れてしまわないよう、ほどほどに利用しましょう。

~冷たいおやつを手作りしてみましょう~
低カロリーコーヒーゼリー
材料(2個分) 1個あたり約9kcal
コーヒー(無糖)・・・カップ3/4
粉ゼラチン・・・・・・・小さじ2/3
シロップ
低カロリー甘味料・小さじ1
牛乳・・・・・・・・・・・・小さじ2

【作り方】
1. コーヒーにゼラチンをふりいれ、5分ほどふやかす
2. 電子レンジでとけるまであたため、容器に入れて冷やす
3. シロップの材料をあわせ、かける
┰ゼリーではなくシロップに甘みをつけるのがコツです
┰手作りおやつは一回量を作り過ぎないことも大切です

トマトジュース、紅茶等、砂糖の入らない飲み物でためしてみましょう


体重コントロール中に不足・過剰になりやすい食品

食事のコントロール、とくにカロリーダウンを心がける食事のなかで、
減らしすぎになりやすい食品、反対に食べ過ぎやすい食品は、なんでしょうか?


極端な食事制限では不足しやすい 
gpf3photo320081006122526.gif肉や魚などの「身体をつくる食品」・・・
「油はいけない、肉もいけない」と肉や魚を全て食べないでいると、身体を作る栄養素(たんぱく質)などが不足して、元気が出ません。
多くの栄養素は一度にたくさん摂ってもためておく事ができません。「身をけずって」やせることのないよう、食べ過ぎない程度に毎食適量(一品程度)を摂りましょう

ごはん、パンなどの「主食」・・・
食事を減らせばよい!と主食を抜いて、空腹でおかきやナッツをポリポリ・・では、体重を減らせないばかりか、理想的な食べ方が身につきません。
また、おかずやお酒のとりすぎになりやすいので要注意です。

過剰になりやすい 
「果物」・・・
おやつがわりに果物を利用する事は、甘いものが好きな方にとって大切な手助けとなります。
しかしヘルシーなイメージで食べ過ぎないよう、少量を上手に利用しましょう。ナッツやドライフルーツも高カロリーです。


おやつ・お菓子とのつきあいかた
≪しばらくお菓子をやめてみる≫
甘い物がないとストレスが・・・と言い訳をして、一日に何度も間食をしてしまう場合は、一週間など期限を区切って距離をおいてみるのもひとつの方法です。
「食べないと決めると、おやつのことを考える時間が減った」
「なぜ今までこんなに食べていたのか、と驚くほど冷静になった」
など、人によっては大変効果があるようです。

≪息抜きをしながら・・・≫

おつきあい、暮らしの楽しみ、いただきもの・・・現代社会では、間食の機会が多くあります。
今後のよい食生活を身につけていくために、ご自身にあった、息抜きの方法(お菓子の食べ方)を探していきましょう。  
一人で食べない、何個も食べないなど自分なりの決まりを作るのも良いですね。


【野菜料理の油に注意!】
野菜を積極的に摂ろうとするあまり、サラダなどにマヨネーズやドレッシングを多く使うと油のとり過ぎに!ノンオイルのものや、レモンを上手に使うのも一案です。

【ずっと続けられる食生活】
体重のコントロールは、一時的なものではありません。ご自身の体そのものであり、生涯付き合っていくものですから、健康的な食べ方を身につける事が一番大切です。
それぞれの生活スタイルにあった、楽しく続けられる方法を見つけましょう

サプリメントとのつきあいかた

この10年ほどですっかりおなじみになった「サプリメント」
いかにも効きそうな広告を見ていると、つい利用したくなりますが安易な使いかたには危険もありますので注意が必要です


■「サプリメント」って「健康食品」とは違うの?
>>>健康食品の中でも、錠剤やカプセル状のものをこう呼ぶ事が多いのですが明確な違いはなく、あくまでも「食品」に分類されます。

サプリメント・・・「補う」「追加する」という意味で、不足しがちな栄養素を補う事を目的としています。
昔ながらの「健康食品」よりお薬に近いイメージがありますが、医薬品と違い効能を表示する事は出来ません


■サプリメントを飲めば栄養バランスは整う?
>>>まずは食生活を見直すのが基本!

サプリメントだけをプラスしても根本的な解決にはなりません。
いつもおこなって頂いている生活習慣の改善がもっとも大切で、「摂っている」安心感で食生活が乱れてしまっては本末転倒です。


■食品だからたくさん摂っても安全?
>>過剰症や体調不良の危険があるので絶対にやめましょう

からだの調子を整える「ビタミン」や「ミネラル」も、とりすぎはいけません。また、お薬に使われるのと同じ成分が含まれるもの、長く摂取しても安全かはっきりしていないものも多く、安易な使いかたは思わぬ健康被害を招くこともあります。


■「効果があった」と聞くと試したくなる!
>>>本当に必要なのか、効果があるのかは広告ではわかりません

有名人の「これを摂ってから毎日楽しくて」というコメントや、教授や博士が成分の効能を説明するのを見ると、
つい試したくなります。しかし、それらはあくまでも「個人的な感想」であり、「人によって効果は異なる」のです。
「これさえ飲めば」というような宣伝は不親切で、疑わしいと思ったほうが良いでしょう


■使いかたを守って安全な利用を!
より健康になりたい、そのために何かしたい、という気持ちはとても大切です。
しかし、食事や生活習慣の改善をしないままサプリメントにたよっても効果は期待できません。
また、効果があるとされていた成分が更なる研究で否定される事もあります。目先の広告にまどわされず、良いところ、悪いところをしっかり考えて、納得した上で利用しましょう。


サプリメントの中にはお薬との飲み合わせで問題が生じるものもあります。
治療中の患者様が利用する場合は、必ず医師に相談しましょう。
プロフィール

drecom_oohara_clin...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ